スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流星群

「久しぶりに星を見た気がします。
なんとか流星群ってやつみました。

星自体みるなんて 本当に久しぶりです。
世界が狭く感じる ねぇ?この街は
何に癒されてるのでしょう?」

そびえるビルに垣間見える灰色の空
それでも 次々に流れる星くずは
まるで私の涙のよう...

生きてる感じがしないのは 私の勘違い?
想ってることを、上手く表現できない…
未完成の手紙は まだ机の上


君はどこで何してる?
君は空をあの星を眺めているだろうか?

1カラットの宝石(ジェリー)より輝く涙の星
黒い頬に涙をつたう まるで...君
僕は無性にやるせなくなる

次々に流れる星くずは
まるで壺から溢れる愛の産物

まだ起きてたら見てるだろうか
メール…それとも電話しようか
消えないうちに願い事

あの星が君に見えるのは 気のせい?
まだ間に合うなら 消えないでいて
流れ着いた所は きっと

抜けてる感じなのは 君がいないせい?
伝えたいことを 真っ直ぐに表現したい
あんな距離じゃ 触れもしない
未完成の願い事は どこか遠くへ


作成日:2005/02/23/
***コメント***
空の向こうの男女バージョンを一つにしたもの。今回記載するにあたって別に作りました。
毎回作った日付忘れるので忘れないようにしなきゃね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

缶爺またはKuooviやNIVEAなど

  • Author:缶爺またはKuooviやNIVEAなど
  • 漫画・作詞・韓国のことや経済話題ものなど…色々
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。